IMG_7904
「塗りの作業」
上掛け塗りの作業をしているところ
素手で何度も塗り重ねて太くします。
松井本和蝋燭工房では
伝統の和ろうそくの製作工程が見られます。
見学自由です。

伝統の和蝋燭とは
・ 原材料について
原料は木蝋(ハゼの木の実を搾ったもの)(純植物性)を使用します。ウルシ科に属します。
芯に於いては燈芯:燈心草より表皮の中にある「ズイ」の部分を取り出したものを使用します
燈心草はイグサ科です。燈芯は燈明として寺院等で使われています。
ハゼの木、燈心草も漢方薬として使われています。

〔和蝋燭〕型和ローソク
・ 原材料について
原料は、硬化油(牛の脂肪油)(植物油)ヌカワックス、合成蝋(木蝋の代用品)パーム油、化学物質等。
芯に於いては、紙芯、糸芯が多い。
※ 型和ローソクは伝統の和蝋燭と違い手掛け(手造り)では出来ない。
※ 現在、市場に出まわっている和蝋燭は、ほとんど型和ローソクである。
絵ローソク、花ローソクも型和蝋燭が多い。(手で描くのと、転写とが有ります)
伝統の和蝋燭に絵花を描いたものもあります。
・ 松井本和蝋燭工房では、明治40年創業以来伝統の和蝋燭を製作しています。 一本一本心を込めた、手造り和蝋燭です。

・ 京都府木津町:私のしごと館には、当工房で制作する伝統の和蝋燭の工程がビデオの 教材となっており、誰でも見られます。

松井本和蝋燭工房では、パラフィン(石油)、ヌカワックス、合成蝋、硬化油、パーム油等の蝋は一切使用していません。そのため環境や身体に優しい蝋燭です。
和蝋燭をお求めの際は和蝋燭職人松井規有が伝統に基づき製作する本和蝋燭の購入をお薦め致します

ひとくちに「和蝋燭」といっても
製法がいろいろございます。
ここでは『伝統の和蝋燭』『一般的な和蝋燭』『型和ロ―ソク』の
製法をご説明いたします。

伝統の和蝋燭の製法

当工房の製法です
伝統の和蝋燭の製法とは一本一本丹念に昔ながらの製法で造ります。
(すべて手作業です)
※伝統の和蝋燭は本和蝋燭とも言います。

和蝋燭の製法

一般的な製法です
最初の部分は型に芯をさした竹くしを入れ蝋を溶かした液を入れます。
次に手で下塗りをしてから上掛けをします。(手で塗ります)
最初の部分は型に芯をさした竹くしを入れ蝋を溶かした液を入れます。
次に手で下塗りをしてから上掛け蝋を溶かした液をかけます。

〔和蝋燭〕型和ローソクの製法

一般的で原材料も安価な製法です
型に芯をさした竹くしを入れ溶かした液を入れます。
上掛け蝋はかけるだけです。
朱蝋燭にするには朱をかけます。
※手造り和蝋燭と書いてあっても実際には製法が違う場合があります。
例えば、手で一回でも塗った場合でも手造り和蝋燭と書いてあります。
型で流してから手で塗った場合でも手造り和蝋燭と書いてあります。

↑このページのトップヘ